*


結露。
(=あっち側とこっち側の温度差により、あれやこれやが見えにくくなる現象)
*



*














季節外れになってしまった写真を眺めるのは好きだ。
michiko


いつどこでなにをどういふうにどんな気持ちで撮った写真なのかというのは
ほとんど関係なくなってしまっているような気がする。
時間が経って見直して、そのタイミングでいいと思えるかどうか。
*


日々職務に勤しみ、大切な人(michiko)を想い、家族の健康を案じている。
人間の生活をしている。
*








*


たまには近況報告を。

昨年末でギャラリーを閉めたあと、当たり前ですが僕の生活はそれまでとかなり変わりました。
仕事の方では、撮影とデザインの仕事はだいたい今までと同じようなペースで続けていますが、それに「文筆業」というのが加わりました。
いや、まあ最下層のライターなんですけどね。
ひょんなことからやることになったのですが、僕がライターだなんて、世の中何があるか本当にわかりません。

仕事の分量的には、今はライターの仕事が最も多いです。多いです、というか、多すぎます。
撮影やデザインの仕事がない途切れているときは、とにかく朝起きてから夜寝るまで、食事とトイレと風呂の時間を除くとずーっと原稿を書いています。日に15時間くらい。
こういう日々が、少なくとも8月いっぱいまでは続くことが決まっています。
やれやれ。

ライターとしての仕事は、たぶんみなさんには僕の仕事として認識されることなく消費されていく部類のやつがほとんどなんですが、一つだけ名前入りで雑誌に出たのもあります。
3月末に発売された「SHUTTER magazine」で、写真家さんのポートフォリオを紹介するページの取材と執筆を担当しました。
こちらでは取材写真も担当させていただきましたので、機会がありましたらどうぞご覧ください。
6月末には次の号が出てしまいますが(そちらでも一部の写真を担当しています)、それまでの間ならヴィレヴァンなどにまだ置いてあると思います。

それと、とってつけたように書くことではないですが、とても大事なことなので書いておきます。
すでに何枚か写真は出していますが、3月に恋人ができました。恥ずかしながらぞっこんです。
これからはきっと彼女の写真が多くなるだろうと思います。

それでは、まだしばらくやれやれな日々が続きますが、お互い身体を壊さないようにうまいことやりましょうね。
<< | 2/6 | >>