*


先週末に遠方からギャラリーにいらした素敵な撮り手さんと話をしたのをきっかけに、自分の写真人生の中で「運命を変えた一枚」というものについて考えてみる。
それに該当するとすれば間違いなくあの一枚だが、それはすでにネガもプリントも行方不明、おそらくもうこの世には存在していないのではないかと思われるので(捨ててしまった可能性大)、つまり僕はそういう一枚を持っていないということになる。
<< NEW | TOP | OLD>>