67


写真展出展のお知らせです。
続きを読む >>
*


2月21日と22日tにjanuary会場でお会いした30名の方々。
こんなふうになっちゃってごめんなさい。
january、無事に終了しました。
ありがとうございました。
m.


僕の仕事場で制作中の真理亜。現像不良。
(今年の芸祭ももちろんみにいくよ。)
tsg


夏目あおい (アデッソ)

監督:手塚眞

衣装・スタイリング:竹本 jender 雄史
ヘア・メイク:日高綾子
スチール撮影:タナカトシノリ


映画「東京シャッターガール」は本日封切り、駒込の<写真展『TOKYO SHUTTER GIRL:2』は明日から、SIGHT BOXの「東京リアルシャッターガールズ」は明日まで。
みなさまぜひ!
tsg


夏目あおい 大西颯季 (アデッソ)

監督:手塚眞

衣装・スタイリング:竹本 jender 雄史
ヘア・メイク:日高綾子
スチール撮影:タナカトシノリ


映画「東京シャッターガール」がいよいよ公開間近。
10月12日(土)からの池袋シネマ・ロサでのレイトショーを皮切りに、来月には東京都写真美術館と宝塚シネ・ピピア、その後全国各地を巡ります。
僕は先日ひと足お先に試写をみせていただいたのですが、3人の監督それぞれの世界観に唸りました。そしてキャストの子たちがみんなかわいい。ハービーさんはかなりベタにハービーさん!
ご覧になれる機会があったらぜひに!

13日(日)からは、フォトギャラリー・アルティザンTOKYOで、映画と連動した写真展『TOKYO SHUTTER GIRL:2』も開催されます。
こちらは昨年SIGHT BOXで開催した「東京シャッターガール」の元祖写真展の正常進化版とでもいうべきもので、今回は30名のフォトグラファーが「東京シャッターガール」の世界を表現するほか、映画のスチール写真、コバヤシモトユキさんとハービー山口さんの撮り下ろし作品などが展示される注目の写真展です。
僕は手塚監督の「わたしは、シャッターガール」のスチール写真での参加となります。

もう一つ、これはもう始まってしまっているのですが、SIGHT BOXでも協賛(便乗?)企画の写真展を行っています。
東京リアルシャッターガールズ」と題した、「東京シャッターガール」の主人公夢路歩ちゃんと同じく都内の学校の写真部や写真学科に在籍する18才から22才までの女子学生のみ8名によるグループ写真展です。
出展者の一人は、コミックスでも今回の映画でも重要な役どころの「まどかちゃん」のモデルになった子なんですよ。
実在のシャッターガールたちのリアルを感じていただける展示になっていると思います。
僕が撮ったスチールも、少しですが他に先駆けて展示させていただいています。
13日(日)までやっておりますので、お時間あればぜひ!

なお、このエントリの写真はキャストの二人の所属事務所であるアデッソと手塚監督の事務所の許可を得て掲載させていただいております。
このような個人ブログへの掲載について快くご許可いただき、本当にありがとうございます。


*


写真には所詮客観的な事実しか写らないと言い切る人がいる。
写真に写るのは結局は自分自身だと断言する人がいる。

僕はどちらの言い方も驕ってると思う。
*
m*


8月いっぱいで終わってしまった、Webのとある写真コンペのようなもののラストを飾った彼女の写真はとてもよかった。
そういえば僕も昔、その同じ会社が企画したWebコンペ、それは100人のフォトグラファーが選ばれるものだったのだけれども、毎週何人かずつ発表されていって、途中から締めは絶対トシさんだよって周りのみんなが言い出して、本当に僕がラストでみんなで笑っちゃったことがあったけな。
y*


8月25日、大阪港にて。

-----

極めたい写真があるとすれば、それは真正面、ニコパチ、だな。
ほかはなんか、もうどうでもいい。
e*


ちびっ子カメラマン(22)参上。

-----

今回彼女もちょうど大阪で開催されていた規模の大きい(写真のサイズも大きい)グループ写真展に出展していて、それを見ることができた。
彼女の写真はとてもよかった。
| 1/5 | >>