michiko


これまた今さらだけど、世界がまだぎりぎりかつてのよき風習を残存させていた3月下旬。いや、すでに外出が顰蹙を買い始めてはいたか。
密を避けての、妻と連れ立っての深夜の花見散歩。深夜に歩き始めて、夜明けまで、一駅ぶんの道のりを3時間くらいかけて歩く。僕はそのまま仕事へ。
こうして写真だけ見ると、妻はいつもiPhoneで写真撮ってる人(と食べている人)みたいだけど、単に写真撮ってるときなら逃げないから僕が撮りやすいということだったりする。ちなみに同じときに同じ場所で撮っても、妻が撮った写真の方がずっといい。
michiko


出し損なっていた写真をいくつか出していきたいと思います。
まだかつてのよき世界だったころ、今年の2月バレンタイン。銀座MUJI Diner。
昔はさ、外でご飯食べるときも向かい合って座ってさ、おしゃべりしながら食べたよねえ、ていう世界が、来ちゃうのか、回避できるのか。
妻は倹約家だし、僕は万年金欠な人間だけども、たまに二人で外で食事をするのは数少ないささやかな楽しみの一つで、それを失いたくないなあと思う。
(妻は顔出しNGになったので悪しからず)
michiko



いつぞやの妻との森林散策。なにしろ僕は妻と散歩するのが大好きなのです。
久しぶりに妻と森の中を歩いたこの日、きれいな景色と鳥が大好きで妻は、その二つともに囲まれて本当に嬉しそうでした。
そしてそんな妻を見ていることは、僕にとってとても幸せなことです。こんなこと公の場で書くことではないかもしれないけれど、本当に愛おしい。
日々せわしなく、写真を撮ることもめっきり減ってしまった最近の僕ですが、久しぶりに「わー!わー!」と興奮しながら撮った1枚です。

しばらく更新していない間に大変な世の中になってしまいました。
ひとまずの宣言解除で、散歩くらいならいいですかね。日中の散歩はもう暑いですが。

printed on the asphalt








*



*








| 1/1 |