michiko




はるかに遡って2015年夏~秋。妻がまだ恋人だったころ。
こういう写真展会場で妻を撮った写真がたくさんあってもよさそうなものだけど、実はとてもレア。というか、このころ僕が妻を撮った写真の数自体、とても少ない。
僕は撮り続ける人間だと自分を定義しているはずなのに、その定義に見合って妻を撮ってきていなかったし、写真を公開してきてもいなかった。

当時の僕は、いわゆる写真クラスタの関わりの中で、何人かの人たちから一方的に酷く依存し続けられていた。僕はその手の女性たちと意識的に距離を縮めて被写体とすることがとても多かった。壮年期になり老いを意識するようになった僕は、自分よりずっと若い女性らを撮っている(撮ることができる)自分に価値を置きすぎてしまっていたのだと思う。機嫌を損ねないようにその人たちの心情を優先してしまっていた。つまり僕は妻と付き合いだして以降も、妻を欺いてそれらの女性たちとの依存関係を断ち切らずにいたわけで、不実だし、不倫。既に40代で中年期だった妻を撮るより、もっと若い女性を撮ることでそれまでの写真のイメージを保ちたいという見栄や打算があったことも否めない。
そんなふうに女性を利用し続けてきた報いなのだろう、その人たちは僕が妻の写真を出すたびに僕を責めたて、また妻のことを侮辱するようなことを言った。僕はその人たちにいい顔をしたくて、あるいは面倒臭くて、彼女たちのご機嫌をとり、一緒になって妻のことを悪く言ったり、自分で撮った妻の写真の貶めまでした。そして次第に妻の写真を撮らず出さずで逃げるようになってしまった。だから、僕が撮った妻の写真はごく初期に少しあるだけで、その後はほとんど残っていない。

いったい何をしてきたのだろう、と、この5年半を悔いる。
妻を撮ろう、残そう、出せるものは出そう、とあらためて。
michiko


これまた今さらだけど、世界がまだぎりぎりかつてのよき風習を残存させていた3月下旬。いや、すでに外出が顰蹙を買い始めてはいたか。
密を避けての、妻と連れ立っての深夜の花見散歩。深夜に歩き始めて、夜明けまで、一駅ぶんの道のりを3時間くらいかけて歩く。僕はそのまま仕事へ。
こうして写真だけ見ると、妻はいつもiPhoneで写真撮ってる人(と食べている人)みたいだけど、単に写真撮ってるときなら逃げないから僕が撮りやすいということだったりする。ちなみに同じときに同じ場所で撮っても、妻が撮った写真の方がずっといい。
michiko


これも2月。
妻と二人、早咲きの桜があるらしいと電車を乗り継いで行ってみたら、ミモザもきれいに咲いていましたの図。
妻も僕も、今の地元に長く暮らしているけれど、意外とこういう周辺のちょっといいスポットは知らなかったりする。ここも妻がネットで見つけてきた。
妻のアンテナのセンスは本当に信頼できて、行ってみてハズレだったことはない。だから二人で初めての場所に行くのは楽しみで仕方ないのです。



そしてその帰り道、僕がトイレに行ったために電車が行ってしまい、20分間次の電車を待つ羽目に……
寒かったよね。ごめん......
michiko


出し損なっていた写真をいくつか出していきたいと思います。
まだかつてのよき世界だったころ、今年の2月バレンタイン。銀座MUJI Diner。
昔はさ、外でご飯食べるときも向かい合って座ってさ、おしゃべりしながら食べたよねえ、ていう世界が、来ちゃうのか、回避できるのか。
妻は倹約家だし、僕は万年金欠な人間だけども、たまに二人で外で食事をするのは数少ないささやかな楽しみの一つで、それを失いたくないなあと思う。
(妻は顔出しNGになったので悪しからず)
michiko






前回のエントリから2ヶ月弱。
なかなか元の世界には戻らない、という以上に、世界はかなりおかしな方向に舵を切り始めてしまっているように思える。
このブログは妻とあちこち出かけたり、よい時間を過ごしたりした、その写真で埋め尽くすために残してある。よい写真を残していける世界であり続けてほしいと切に願う。

写真は前回の同じ日の別バージョン。前回のはiPhone、今回のは一眼です。
michiko



いつぞやの妻との森林散策。なにしろ僕は妻と散歩するのが大好きなのです。
久しぶりに妻と森の中を歩いたこの日、きれいな景色と鳥が大好きで妻は、その二つともに囲まれて本当に嬉しそうでした。
そしてそんな妻を見ていることは、僕にとってとても幸せなことです。こんなこと公の場で書くことではないかもしれないけれど、本当に愛おしい。
日々せわしなく、写真を撮ることもめっきり減ってしまった最近の僕ですが、久しぶりに「わー!わー!」と興奮しながら撮った1枚です。

しばらく更新していない間に大変な世の中になってしまいました。
ひとまずの宣言解除で、散歩くらいならいいですかね。日中の散歩はもう暑いですが。

printed on the asphalt








| 1/6 | >>